定年後の看護師の働き方について

定年退職をするのは勤め人として一般的な働き方であり、通常は55歳から65歳程度で仕事を辞めることになります。
定年になったら仕事をせずに老後の生活を送ることになるため、老後のための資金を稼ぐということも重要になるでしょう。
若いうちから積み立てをしたり、保険や投資などを利用して準備していることもよくあります。
しかし、看護師の場合には定年になっても働き続けるのが容易です。
人材が不足している影響もあり、ベテランの看護師に職場を離れて欲しくないというのが本音になっています。
規定上は定年退職という扱いになってしまいますが、その後で委嘱を受けて継続的に同じ現場で働くことを選べるのです。
しかし、断ることも可能なので老後の生活を営みたいと考えたらそれも問題ありません。
また、委嘱を受けずに看護師として働くという道もあります。
求人の中には年齢についての条件の記載がないものもよく見かけられるでしょう。
その求人に関しては定年退職後であっても問題なく応募することができます。
採用されるかどうかは現場の需要次第であり、年齢が高くても実力があるなら欲しいと考えている職場は少なくありません。
ベテランとして認めてもらえれば高い待遇で働ける可能性すらもあるのです。
ただし、どの職場でも基本的には定年後は常勤雇用では働けないことが多く、委嘱かアルバイトなどの待遇になります。
具体的な待遇は個々に異なるのでよく確認してから応募しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です