看護師が定年を見据える必要性

看護師は自由に職場を選んで転職をしやすい状況ができているため、不満を感じた人やキャリアアップを目指す人は積極的に転職活動を行っています。
人によっては一度や二度だけではなく、何度も繰り返して自分の働きやすい職場や、やりがいのある職場を求めているのです。
しかし、このような状況下にあっても定年を見据えて将来計画を立てておくことが看護師にとって重要になります。
転職をするときには元の職場からは退職することになるため、退職金などはその時点で受け取ってしまうことになるでしょう。
もし次の職場に移るまでに空白期間ができてしまうと、その間は国民年金に加入することになるので、ともすると一つの職場で働き続けているのに比べると年金の総額は少なくなる可能性もあります。
定年が訪れたときに意外に手に入る退職金が少ないだけでなく、受け取れる年金も少なくて老後の資金が足りないという状況に陥らないように将来計画を立てるのが重要なのです。
転職を繰り返している人ほど、将来的に受け取れる年金や退職金の金額を把握しておく必要があります。
そして、老後資金として不足しそうであれば個人年金保険に加入したり、積み立てを行ったりして自分で貯めておくと良いでしょう。
定年に成ってからも働くということもできますが、高齢者になってから元気にいつまで働けるかはわかりません。
そのため備えておくことに越したことはないと考えられるので、転職をするときにはぜひ注意しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です